FUnny MIdas Formicary

雑記とかガンプラとかアリンコ飼育とかU´^ェ^`U

【ガンプラ】MG ガンダムF90 Mタイプ

f:id:halnem:20200812212713j:image

F90 AtoZプロジェクトより、キット化第二弾となったのは、水中用装備となるMタイプと、格闘戦用装備のFタイプ。

今回紹介するMタイプは1990年当時から存在していたものの初キット化となります。U^q^U

 


f:id:halnem:20200812212752j:image

Mタイプの装備一覧。

ハードポイントは腰部のラック以外は全て使います。


f:id:halnem:20200812213748j:image

バックパックはハードポイントを使わず、丸ごと付け替えることになるのですが、接続部が顔に見える[ ゚д゚]…シミュラクラ現象ですね(笑)。


f:id:halnem:20200812213808j:image

というわけで装着!F90Mタイプです。

オレンジイエロー主体の異色の水中戦用装備ですね。

色分けは前回と同じくHGUC並で、シールでのフォローが多いです。(^^;


f:id:halnem:20200812213818j:image

バックパックのメタリックブルー部分はシールが付属しますが、綺麗に貼るのは難しい形状なので、ガンダムマーカーで塗装しています。


f:id:halnem:20200812213901j:image

フロントスカートには謎パーツを装備(笑)。

コミックス(F90FF)ではセンサーのように発光していましたが、どう見ても発光しなさそうな箇所が発光していました。(;´▽`)

サイドスカートにはアローシューターの予備弾倉やヒートナイフを装備。


f:id:halnem:20200812213916j:image

テスト開始。海底へダイブ!


f:id:halnem:20200812213930j:image

バックパックはルーバーのようなパーツがそれぞれ可動します。

色分けもメタルブルー以外は完璧です。


f:id:halnem:20200812213942j:image

右肩にはサーチライトを装備。

接続部で左右へ可動し、上下にも多少角度を付けることが出来ます。

本来はメタリックブルーなのですが、本物のライトっぽく、シルバーで塗っています。(^^;


f:id:halnem:20200812213955j:image

左肩にはシュノーケルカメラを装備。

パーツを差し替えることで伸びた状態を再現出来ます。


f:id:halnem:20200812214008j:image

メインウェポンである6連装アローシューターはサブグリップの可動はありませんが、充分両手持ち可能。

先端のメタリックブルーは形状的にシールでのフォローも難しいため、塗装が必要です。


f:id:halnem:20200812214023j:image

弾倉部分は取り外す事が出来、腰に装備する予備弾倉に交換することが出来ます。


f:id:halnem:20200812214057j:image

腕部3連装マリンパックはこの角度で固定されます。

グレー部分が非常に細かく色分けされていますが、何故かミサイルのレッド部分が色分けされず、オレンジで成形されているので、ここも塗装が必須になります。


f:id:halnem:20200812214109j:image

脚部ホーミングピドーはディティールの溝をはめ込む形で固定され、全て取り外し可能。

ただSタイプのクルージングミサイルと同じく、射出状態で飾るための軸や穴等のフォローはないため、射出状態を再現するためには乗せるタイプのスタンドが必要になります。


f:id:halnem:20200812214150j:image

左サイドスカートにマウントされたヒートコンバットナイフは従来の持ち手でもなんとか保持出来ますが、左手のみ専用の保持用指パーツが付属しています。


f:id:halnem:20200812214200j:image

ナイフはグレー一色なので、刃をシルバーで塗装すると引き締まりますね。


f:id:halnem:20200812214211j:image
武装テスト完了。浮上!

 

 

以上、F90Mタイプでした!

実は1990年当時から今までほとんど立体化の機会に恵まれず、今回のMGキット以外にはガン消しくらいしか存在しなかった不遇のパックでもありました。

色分けはやはりHGUCレベルですし、シールでもフォローし切れてないところもありますが、マニア向けな水中用装備がこうも早々に立体化されたことに感謝しなくちゃいけませんね(笑)。

余談ですが、セットになっているFタイプにはレッドやクリアブルーの色分けをフォローする小さなランナーが存在するので、何故それをMタイプにも使えなかったのか疑問が残ります…2000円に抑えるためにパーツ数が制限されていたりするのかしら…(;´▽`)

 

2020/10/20追記


f:id:halnem:20201020235842j:image
f:id:halnem:20201020235859j:image
F90Ⅱにも装着させてみました。

本体が明るめの暖色系多めカラーなので、オレンジのMタイプ装備が意外にもバッチリ似合いました。U^q^U