FUnny MIdas Formicary

雑記とかガシャポン改造とかアリンコ飼育とかU´^ェ^`U

MG ガンダムF90 Fタイプ

f:id:halnem:20200812212713j:plain

 F90 AtoZプロジェクトより、水中戦用のMタイプとセットでリリースされた、格闘戦仕様のFタイプを紹介します。

 Fタイプは1990年当時は文章設定のみ存在し、今回改めてデザインされ、リリースされました。

 


f:id:halnem:20200815200448j:image

ミッションパックの装備は少なめですね。

格闘戦仕様ならではのシンプルさという合理的な理由と、Mタイプのパーツが多かったためという大人の事情もありそうです(笑)。


f:id:halnem:20200815200502j:image

両腕に格闘専用装備、サイドスカートにはサブアーム内蔵スラスター(?)を装備。

ミッションパックの色が本体カラーと合わせてあるので、余計にシンプルに見えますね。


f:id:halnem:20200815200516j:image

バックパックのハードポイントにもスラスターを装備。

バックパック本体のバーニアの推力偏向パドルに、アポジモーターらしき窪みが見えますね。


f:id:halnem:20200815200551j:image

腕部格闘装備は接続部を半回転させ、グリップを握って保持。

フル可動で展開できます。


f:id:halnem:20200815200604j:image

先端にはビームスパイクを取り付けることが出来ます。

このスパイクのためだけにクリアブルーのランナーがあるのに、何故Mタイプのブルー部分は全てシールだったのだろうか…(;´▽`)


f:id:halnem:20200815200621j:image

展開ギミックからして、クロスボーンガンダムのブランドマーカーの元になった装備なのかもしれませんね。

ちなみにビームスパイクとかナックルとかではなく、「腕部格闘装備」が正式名称みたいです(笑)。


f:id:halnem:20200815200657j:image

推力偏向パドルは少しですが可動します。

このバックパックの追加パーツによって、格闘戦に対応出来る機敏さと運動性を確保しているようです。


f:id:halnem:20200815200706j:image

F90の脚周りの可動範囲が広いので、低い姿勢による突進も決まります!


f:id:halnem:20200815200723j:image

演習でF89をノックアウトした低姿勢からのアッパー!

演習だったのでビームは出してませんでしたが(笑)。


f:id:halnem:20200815200753j:image

可動展開させずにビームスパイクのみ発生させ、肘打ちのような使い方も出来たりするんだろうか…トリッキーではありますが、クロボンの装備の元ですし(笑)。


f:id:halnem:20200815200900j:image

サイドスカートにはサブアームを搭載。

こちらもフル可動で展開させることが出来ます。

E&Sタイプとは違い、F90本体と同じくABS素材となっています。


f:id:halnem:20200815200924j:image

これにより、腕部格闘装備を展開したままビームサーベルを使うことが可能になるとか。

ちなみにサブアームのマニピュレーター部分はビームサーベルのグリップに合わせてあるので、残念ながらビームライフル等は持たせられません。U´^ェ^`U


f:id:halnem:20200815200937j:image
f:id:halnem:20200815200947j:image

サブアームのユニットをかなり無理な方向へ動かせば、コミックス劇中のようにサブアームでサーベルを抜くことも出来なくはないです(笑)。

かなり無理な格好になってしまいますがw


f:id:halnem:20200815201024j:image

サブアームは地味にポーズ付けるの難しいんですよね。

ダブル展開して下から斬り上げるイメージで。(;´▽`)


f:id:halnem:20200815201033j:image

逆に空中からの奇襲攻撃!

Gジェネバトルマスタージ・Oのモーションを参考にしています(笑)。


f:id:halnem:20200815201046j:image

サナリィ流、肉のカーテン!w


f:id:halnem:20200815201058j:image

脚と連動してぶん回したり突き刺したりするのも似合いそうですね。(*´▽`)


f:id:halnem:20200815201112j:image
f:id:halnem:20200815201125j:image
コミックスでは模擬戦でしか使われませんでしたが、もし実戦に出るなら、ビームライフルくらいは装備していたかもしれませんね(笑)。

 

 

以上、F90Fタイプでした!

サブアームのビームサーベルはポージングの難易度がやや高いですが、アイディア次第でちょっとゲテモノなアクションポーズが決まって楽しくなってきます(笑)。

パーツの色分けは完璧で、ビームスパイク発生部のイエローまで色分けされてたのには驚きました…けどそれなら何故クリアブルーやレッドのランナーをMタイプに使ってあげられなかったのか…w

 

2020/10/21追記

f:id:halnem:20201021000709j:image
f:id:halnem:20201021000727j:image
F90Ⅱに装着。

多分現時点で最も違和感のないパックかもしれません(笑)。

肩アーマーを残せるのでF90Ⅱらしさも残せますしU^q^U