FUnny MIdas Formicary

雑記とかガシャポン改造とかアリンコ飼育とかU´^ェ^`U

🐜アリンコ飼育日記02〜実験コロニーは寄生種から擬似多雌へ

唐突に始まったアリンコ飼育日記、その第二回です(笑)。

まずクロヤマアリは特に変化無し。

卵が中々育たないのがストレスだとしたら、あまり手を出さない方が良さそうなので、蓋をかぶせてそっとして置いてます。(^^;

 

f:id:halnem:20190714185649j:image

クロオオアリ(2019.05.24〜)

こちらは繭が4個になり、新たに幼虫も増えてきて順調…でしたが、導入ワーカーの片方は寿命、もう片方は餌として入れた蜘蛛と刺し違えてしまい、残るはメジャーワーカー一匹となってしまいました…。

まさか蜘蛛と相打ちになるなんて…揉み合ったと思ったら一瞬でお互い動かなくなってしまったので、毒でも持ってたのか、もしくは自爆して毒液バラ撒くような危険な種類だったのかしら…これからは得体の知れない蜘蛛はやめておこう。(;´Д`)

 


f:id:halnem:20190713205522j:image

トビイロシワアリQ5→Q1→Q4(2019.06.27〜)

トビシワ軍団は何故か次々と逝ってしまい、有翅一匹だけになってしまったので、同じく有翅ですが灯りに集まっていた女王を三匹追加。

スポンジの水分が多いのか少ないのが原因なのかしら…でも何故有翅一匹だけピンピンしてるんだろう。

今現在の有翅四匹は恐らく全て未交尾っぽいので、今年はトビシワは諦めた方がいいかもしれません。orz


f:id:halnem:20190713205531j:image

トビイロケアリ、アメイロケアリ(推測)、クサアリモドキ多層コロニー(2019.07.01〜)

↓

トビイロケアリQ10(2019.07.13~)

実験多層コロニーはあれからすぐに寄生種女王が逝ってしまい、トビケ単体になったのですが、羽根が無いのに未交尾だったのか、全然卵を産む様子が無いので、実験の方針を変更し、7月13日に拾ってきたトビケ女王を新たに9匹導入。(;´▽`)

トビケはコロニー創設時には多雌で巣を作り幼虫を育て、ワーカーが羽化すると仲間割れを起こして単雌になるそうですが、稀に多雌のままになることもあるとか?

 

10匹の女王は4グループ程に別れ、ピルケース転用の飼育ケースのあちこちで産卵を始めているので、ワーカーが羽化したらケース内で内紛も含めた大戦争になってしまうかも。(;´▽`)

元々、寄生種を育てるための実験コロニーを作る目的だとはいえ、どんどん実験色が強くなってきてしまってます…トビケファンの方にはちょっと申し訳ない気持ちに。U´^ェ^`U

 

以上です。

蟻の飼育はやっぱり難しいというか、女王が死んでしまうと壊滅してしまうので、一度の失敗が命取りになることがあるのが怖いですね。

まあその難しさがまた夢中になる要因なのかもしれませんが。(;´▽`)