FUnny MIdas Formicary

雑記とかガシャポン改造とかアリンコ飼育とかU´^ェ^`U

ガシャポン戦士風改造 ガンダムヴァサーゴチェストブレイク

f:id:halnem:20190926213900j:plain

 SDガンダムR(ガン消し後期)とガシャポン戦士NEXTのミキシングで、ガンダムヴァサーゴチェストブレイクを製作してみました!

MSアンサンブルでも出ますが、やっぱガシャポン戦士サイズで欲しいので…U´^ェ^`U


f:id:halnem:20190926222604j:image
f:id:halnem:20190926222915j:image

ガン消しのパーツをベースに、上腕をジャンクパーツで作成。

下半身はガシャポン戦士NEXTストフリのものに、ガン消しチェストブレイクのパーツを貼り付けて作成しています。

ガンダムX自体がマイナーなのもあってか、ラスボス機でありながらあまり立体化に恵まれない機体ですね。(^^;

旧1/144キット、ガン消し、SDガンダムバインド、ROBOT魂、名鑑ガムくらいかな?数えてみたら結構多かった(笑)。

まあ弟に比べれば遥かにマシですね。(;´▽`)


f:id:halnem:20190926222930j:image

唯一の手持ち武器のビームサーベルは、SDFCガンダムエピオンのビーム刃に、グリップを細く加工したHGUC Vガンダムのグリップを組み合わせて作成。


f:id:halnem:20190926222945j:image

ストライククローの展開は、肩と腕の間に延長パーツを挟むことで再現。

流石に折り畳みは再現出来ず。(^^;

ジャンクの塩ビブロック、プラ棒、リード線、コトブキヤのABSジョイント等で作成。


f:id:halnem:20190926222955j:image

攻撃時にのみ伸ばしていたドラゴンガンダムやアルトロンと違い、ヴァサーゴはダラリと伸ばした状態で戦っていて、これがまたゲテモノっぷりに拍車をかけていて好きです。U^q^U


f:id:halnem:20190926223026j:image

トリプルメガソニック砲のギミックはガン消しのものをそのまま採用。

胸と腹部の展開を、一枚のパーツを差し込むだけで豪快に再現していますが、そんなに違和感ない見事さです(笑)。


f:id:halnem:20190926223038j:image

チェストブレイクになってからはあまりやりませんでしたが、ストライククローをアンカーにするポーズも問題なく再現出来ます。

ヴァサーゴを象徴するようなポーズですが、1/144旧キットで地味に出来なかったんですよね。(;´▽`)


f:id:halnem:20190926224639j:image
後日UP予定のアシュタロンハーミットクラブと一緒に。

地球へ帰還するガロード達を逆光の中で待ち受ける初登場シーンは絶大なインパクトで、今でもイラストやデジラマでよくそのシーンが使われています。

確かMSアンサンブルの受注ページもそれでしたし(笑)。


f:id:halnem:20190926223103j:image

ガシャポン戦士NEXTのダブルエックスと一緒に。

大体大きさは統一出来たかな?


f:id:halnem:20190926223115j:image

ダブルエックスとバトル!

ライフルもシールドも毎回すぐに壊されてましたよね(笑)。


f:id:halnem:20190926223127j:image
2機セットでラスボスというのは、歴代ガンダムシリーズでも珍しいかもしれませんね。

ラスボスと言っていいのかわかりませんが、他だとデスティニーとレジェンドくらい?w


f:id:halnem:20190926224700j:image

改造する前のガン消し。

後期シリーズであるSDガンダムRはネットオークションでも1000円前後までつり上がってるので、揃えるのに少し苦労しました。(;´▽`)


f:id:halnem:20190926224724j:image
製作途中。
腹の穴が少し目立ってしまいますが、そんな小さな蓋を製作出来るほどの技術は無く…U´^ェ^`U

 

以上、ガンダムヴァサーゴチェストブレイクでした!

ガンダムXは一番好きなガンダム作品なので、いずれは製作したいと思っていて、ガン消しを集めて作り始めたところでMSアンサンブルが発表されたという、テンプレのような流れでした(笑)。

ガシャポン戦士シリーズは若干尻すぼみな展開なので、今後立体化の機会は無さそうなので、思い切って製作してみました。(*´▽`)

弟は次回の記事で(笑)。