FUnny MIdas Formicary

雑記とかガンプラとかアリンコ飼育とかU´^ェ^`U

【ガン消し】SDガンダム5大ワールドの主人公たち

f:id:halnem:20220827015138j:image

バトルアライアンス発売記念!懐かしのガン消し達の中から、各SDガンダムワールドの主人公キャラたちをフル塗装して並べてみました!(ガンドランダーは出ないけどね…w)

ガン消しは外伝のモンスターキャラのみ集めるという自分ルールがあったのですが、バトルアライアンスに武者騎士コマンド参戦と聞いてテンションが上がり、即座にヤフ○クで揃えちゃいました(;´▽`)

 

f:id:halnem:20220827015158j:imageまずはノーマルワールドの初代ガンダム。カードダスも一緒に集めちゃいましたw

アンテナを黄色で塗ろうかどうかかなり悩みました。(;´▽`)


f:id:halnem:20220827015618j:image

ただでさえ塗装そんなにうまくないのに、小さなガン消し相手なのではみ出しや塗り残しだらけなのはご勘弁を。(;´▽`)

初代ガンダムは当然、シリーズパート01に収録されたようで、発売は1985年らしいです。もう30年以上も前のアイテムなんですね…。

あ、でも復刻弾のやつかも…?w


f:id:halnem:20220827015638j:image

パーツはライフルとシールドのみなのですが、以前改造素体用に買っておいたレッドファイター91からビームサーベルを貰ってきました。

ガン消しを集めていた当時は、ビームサーベル持ちの機体が中々いなかったので、サーベルは貴重でした(確かギャプランが持ってたかな?)。


f:id:halnem:20220827015651j:image

ガシャポンフィギュアとしては最新作にあたる、モビルスーツアンサンブルと一緒に。

アンサンブルが2016年発売なので、31年も離れていることになります…もはや親子ですね(笑)。


f:id:halnem:20220827015722j:image

お次は武者ガンダム

ガン消しもカードダスも、恐らく最初はSD戦国伝ではなくプラモ狂四郎の機体としてリリースされたのかもしれませんね。

頑駄無じゃなくてガンダムですし(笑)。


f:id:halnem:20220827015734j:image

ちょっと無理矢理ですが、カードダスのイラストのような目を書き込んでみましたw

塗装すると差し色のゴールドが中々見栄えしますね。

成型色が赤だったら塗装も楽になったろうになあ…w

 

f:id:halnem:20220827015751j:image

武器は刀の他に薙刀も付属。

左手に穴は空いていないので、どちらか片方を持たせることに。

薙刀を持たせて、刀は左脇に挟んでたのって、自分だけじゃないですよね?(笑)


f:id:halnem:20220827015804j:image

ガシャポン戦士シリーズ直系の後継作であり最新作であるガシャポン戦士フォルテの武者頑駄無と一緒に。

これも約31年離れているとか…値段は2個100円から1個300円まで値上がりしましたが、フォルテはほんと300円のクオリティじゃないですよこれは。(;´▽`)


f:id:halnem:20220827015820j:image

フルアーマー騎士ガンダム

当時のSDガンダムブームは凄まじいものがありましたが、SD人気を爆速させたのはこの騎士ガンダムが主役を務めたSDガンダム外伝だったのではと思っています。U^q^U

 

f:id:halnem:20220827015830j:image実は今回この五人を集めようと思ったキッカケは、この騎士ガンダムにありました。

実はこの騎士ガンダムのみ、ヤフオクやメルカリで手に入れたものではなく、実家に残っていたものなのです。

兄が置いていったおもちゃ袋の中から発掘されたのでした…多分それこそ30年くらい眠っていたではないでしょうか(笑)。


f:id:halnem:20220827015844j:image

このアイテム、正確にはフルアーマー騎士ガンダムではなく、霞の鎧を装備した騎士ガンダムなので、炎の剣と力の盾は別売りの武器セットに付属していたようです(覚えてなかった…w)。

発掘されたのは本体のみだったので、力の盾はヤフオクで確保し、炎の剣は価格相場が釣り上がりすぎて手に入れられなかったので、最後の手段として騎士サザビーの剣をベースに改造しています。(;´▽`)

写真だとピンぼけしちゃいましたが、鍔の部分を少し加工し、星マークはおゆまるを霞の鎧に押し付けて型取りし、ポリパテを塗って複製しています。


f:id:halnem:20220827015857j:image

フルアーマーじゃないですが、こちらもフォルテと比較。


f:id:halnem:20220827015913j:image

ガンドランダー闇の黙示録より、主人公のガンドランダー!

全身に生えている角のようなパーツに、腹部のダゴンズジョー、背中のマント(髪の毛?)のようなコードと、SDガンダムシリーズの中でも特に独特なビジュアルをしていますね(笑)。


f:id:halnem:20220827015923j:image

塗装が…地獄でした…。(;´Д`)

このガンドランダーに限らず、ガン消しの塗装って最初は楽しいのですが、途中で体力も集中力も途切れてきて、モウマジムリ…ってなるまでがワンセットになってますよね。U´^ェ^`U


f:id:halnem:20220827015937j:image

武器だけじゃなく、角とマントまで別パーツとなっており、気合の入れようを感じますね。あとガンドランダーシリーズは他シリーズと違い、瞳が造形されているのも特徴です。


f:id:halnem:20220827015950j:image

SDガンダム作品では多分マイナーな作品だと思うのですが、実は近年になっても時々商品化されたりして驚かせられます(笑)。

このガシャポン戦士NEXTではガンドランダーの他にレッドランダーと、後継作のDASHでスペリオルランダーまで立体化されていますし、食玩SDガンダムNEOでもガンドランダーがラインナップされています。

 

f:id:halnem:20220827020002j:image

最後はヘヴィウェポンコマンドガンダム!

多分ですけど、ノーマルコマンドガンダムはガン消し化していないのかも?

ちょっと調べてみたのですが、結局わかりませんでした。(;´▽`)


f:id:halnem:20220827020013j:image

グリーンがちょっと濃すぎたかもしれません。(;´▽`)

このコマンドガンダム、SDガンダムワールドの中でも結構ぶっ飛んだキャラで、ファルコガンダムやターボランダー等、様々な名前と姿を持っており、他のSDワールドにも出没したりするようです(笑)。


f:id:halnem:20220827100549j:image
ガシャポン戦士本弾マーク31にラインナップされましたが、仕様は大きく異なっており、本体が一回り大きく、両腕が独立して軸可動します。


f:id:halnem:20220827020032j:image

両腕が可動するので、銃を構えたポーズが決まります。


f:id:halnem:20220827020045j:image

武器もここまで別パーツ化していて、凄まじい気合を感じますね。

当時のガン消しは2個で100円でしたが、このコマンドガンダムがラインナップされたGアームズ弾は、大ボリューム故に1個100円になっていました。

当時のファン層が小学生だったことを考えると、これはちょっと賛否両論だったりしたのかしら。少ないお小遣いで回すわけだし、2個入ってた方が嬉しい、みたいな(笑)。

 

f:id:halnem:20220827020102j:image

ガシャポン戦士フォルテのノーマルコマンドガンダムと一緒に。

装備の構成は似ていますが、よく見ると同じ武器は一つもありません(笑)。


f:id:halnem:20220827020117j:image

ジオンモンスター相手に大暴れ!バトル漫画のOPアニメにありそうな構図とシチュw

SDガンダム5大ヒーローが共闘するショートアニメとか見てみたい…U^q^U


f:id:halnem:20220827020150j:image
塗装前の状態。なるべく安く手に入れるため、成型色まで気にしませんでした(笑)。


f:id:halnem:20220827020137j:image
SDガンダムは何度でも蘇る!

気の早い話ですが、バトアラの続編が決定したら今度こそガンドランダーも…U^q^U

 

 

以上、ガン消しの主人公たちでした!w

ガン消しとカードダスを並べると、昭和から平成へと変わる懐かしい原風景が蘇ります…(大袈裟

ガンボイジャーがいないじゃないか、という声もあるかもしれませんが、ガンボイジャーはよく知らないのです…すみません。(;´▽`)

しかもガンボイジャーのガン消しは、SDブームが衰退し始めた頃のアイテムなので、文字通り桁違いの価格相場になってしまっているとか…6桁とかまじかい…(;´Д`)