FUnny MIdas Formicary

雑記とかガシャポン改造とかアリンコ飼育とかU´^ェ^`U

MG ガンダムF90 Kタイプ

f:id:halnem:20200915235422j:plain

前回紹介した Bタイプとセットで立体化された新規デザインパック、今回は防御特化型のKタイプを紹介します。

 


f:id:halnem:20200923205333j:image

使用ハードポイントは両肩、バックパック、腰部マウントラッチ、左腕。

少なめに感じますが、今後もっと少ないパックが出てきます(笑)。


f:id:halnem:20200923205349j:image

Kタイプは防御・持久戦に特化された装備で、自身だけではなく、味方や拠点も守れる装備を有しています。

武器はありませんが、標準装備のライフルとサーベルが使用出来るようです。


f:id:halnem:20200923205403j:image

バックパックのハードポイントにはタンク状の追加装備がありますが、これは特に解説が無いので何のための装備なのかは不明(笑)。

多分Iフィールド用のジェネレーターあたりでしょうか。


f:id:halnem:20200923205420j:image

両肩にはIフィールドジェネレーターを装備。

他のMS一機をまとめて守れるくらい広範囲に展開出来るようです。

コミックス劇中ではグレーの円状パーツがせり上がるのですが、それは残念ながら再現されておらず。(;´▽`)


f:id:halnem:20200923205432j:image

一応円状パーツは展開状態を思わせるモールドも入ってるのですが、はめ殺しなので一度組んでしまうと分解は出来ず…U´^ェ^`U


f:id:halnem:20200923205453j:image

試作型メガビームシールドは、腰部マウントラッチに取り付けられたジェネレーターとケーブル接続されています。

シールド裏側は裏打ちパーツまで丁寧に再現されています…こういうところはMG的です(笑)。


f:id:halnem:20200923205510j:image

試作型メガビームシールド展開!

恐らくV2アサルトが装備していたものの原型となる装備。

しかしコミックスではUC0112で既にこれを使用していたのですが、この時代ってまだ普通のビームシールドもあまり普及していないのでは…。

その辺の時代考証とかどうなってるんだろう。(^^;


f:id:halnem:20200923205523j:image

腕のハードポイントとマニピュレーターで固定されていますが、腕ごと回転させることで角度も横向きに変えることが出来ます。


f:id:halnem:20200923205540j:image

右手は完全にフリーなので勿論ライフルを持たせることも可能。

コミックス劇中ではAタイプのビームバズーカにを手に持ち、標準装備のビームライフルを腰にマウントするという重武装での出撃でした。


f:id:halnem:20200923205553j:image

バックパックもそのままなのでビームサーベルも装備可能です。


f:id:halnem:20200923205607j:image
うまく再現出来なかったので訳のわからない写真になってしまいましたが、コミックス劇中ではシールドを手放し、ケーブルで敵機を絡め取った後にメガビームシールドを展開させ、敵機をビームで両断するというトリッキーな使われ方をしていました。
キンケドゥやトビアが喜びそうな使い方だなあと思いました(笑)。

 

 

以上、Kタイプでした!

ド派手なビームエフェクトが付いていますが、単体だとちょっと地味なので、右手に好きな武装を持たせたり、別のミッションパックにメガビームシールドを混ぜたりするととても楽しいです(笑)。

Guardsタイプとどう差別化するのかなあと思っていましたが、こっちは守備、向こうは護衛、という回答でしたね。U^q^U

 

2020/10/21追記


f:id:halnem:20201021224252j:image
f:id:halnem:20201021224303j:image
F90Ⅱに装備。

Bタイプではライトブルーとブルーのコントラストが絶妙でしたが、こっちは両肩のブルーが浮いてしまってる感じが…U´^ェ^`U